ヒルトン

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードは保有すればゴールド会員

ゴールドカード

日本でも多くのホテルを展開しているヒルトン。
最も高級なコンラッド東京、コンラッド大阪をはじめとして、ヒルトンホテル、ダブルツリーbyヒルトンと17のホテルを日本では展開しています。
そんな日本でも屈指の高級ホテルであるヒルトンのホテル会員プログラムであるヒルトン・オナーズの中でも上級のエリート会員であるゴールド会員になれば、誰でも入会できる一般会員とは大きく違った、まさに「至れり尽くせり」なホテルサービスを利用することが可能です。

ゴールド会員の特典

ヒルトン・オナーズのゴールド会員には入会時に与えられる「メンバー」さらにステップアップした「シルバー」会員とは大きく異なる以下の特典を利用できます。

  • 予約している部屋を無料でアップグレード!
  • 滞在中の朝食が無料!
  • フィットネスセンターが無料!
  • レイトチェックアウトが無料!
  • 25%のボーナスポイント加算
  • 5泊目無料宿泊
  • 1滞在につき無料のボトルウォーター2本
  • デジタルチェックイン
  • 優先チェックイン
  • Wi-Fi無料
  • エクスプレス・チェックアウト
  • 2人目は宿泊無料

というように、ホテルでの滞在をより豊かなものにしてくれる、ゴールド会員ならではの特典がたくさん付いてくるのが特徴です。

しかしながら、ヒルトン・オナーズのゴールド会員資格を取得するには、かなりハードルの高い条件をクリアする必要があります。

ゴールド会員の資格取得条件

ヒルトン・オナーズのゴールド会員資格には、以下のいずれかを満たす必要があります。

  • 1年間に20回の滞在
  • 1年間に40泊の宿泊
  • 1暦年間に75,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

「滞在」といってもただ、40回ヒルトンホテルに行けばいいということでは当然ありません。。

例えば「2泊3日は1滞在」になります。
ヒルトンホテルにチェックインを20回するか、40泊以上するか。

1年間ですので月平均にすると「月に2回ペース」でヒルトンホテルを利用することになります。

正直言って、一般的にはかなり高いハードルです。

しかしながら、メリット・特典が非常に大きいゴールド会員資格をヒルトンホテルに1泊もすることなく取得する方法があります。

ヒルトンに0泊でゴールド会員資格を取得

ヒルトン・オナーズの会員として、1年間に20滞在または40泊する、まさに上得意のお客様が対象となるのがゴールド会員ですので、無料の会員制度でありながらも先ほどご紹介したような豪華な特典を受けることができます。

しかし、いくら羨ましい。。。わたしも利用したいと願っても「1年間に20回以上ヒルトンに滞在」は非常に難しいです。

1泊3万円として
3万円×20滞在=60万円

ホテルの地域やプラン、時期によってはさらに安いプランもあるかもしれませんが、条件達成にはこのような費用と時間がかかります。

ヒルトン・オナーズのゴールド会員に0泊でなれる方法。
それは、ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードを持つことです。

ゴールドカード
三井住友カード

三井住友カードが発行する ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード を作り、年会費を払って保有を継続することで、ヒルトンホテルに実際に宿泊することなく「0泊」であってもヒルトン・オナーズのゴールド会員になれるクレジットカードとなっています。

【クレジットカード情報】2019年5月時点

  • 年会費 13,950円(税込)
  • [入会資格] 原則として、満30歳以上で安定継続収入のある方
  • 国際ブランド VISA
  • ポイント 1,000円=10ヒルトン・オナーズポイント
  • ヒルトン・オナーズゴールド会員の資格付与
  • その他三井住友VISAゴールドカードと同等のサービス

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードのメリット

このクレジットカードは上記のように年会費が必要となるカードです。しかしクレジットカードを持つことによって得られるメリットがあります。
それが、ヒルトン・オナーズのゴールド会員資格をクレジットカード保有する(年会費を支払う)だけで獲得できることです。

年間に20回以上の滞在は当然ながら必要ありません。

問題はゴールドカードですので年会費の支払いとゴールドカード取得のための審査に通るかどうかです。

VISAゴールドカードの入会資格

先ほどのクレジットカード情報でも書きましたが

  • [入会資格] 原則として、満30歳以上で安定継続収入のある方

となっていますので、年齢的な条件と安定収入が確保できている方であれば申し込みが可能です。

クレジットカード申し込みの方法

ご紹介をしてきた「ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード」を作るために絶対に必要なコトは、まず最初にヒルトン・オナーズの会員になる手続きが必要です。

クレジットカードを作ってからヒルトン・オナーズの会員になるということができません。
実際にクレジットカードを申し込む際にヒルトン・オナーズの会員番号を入力する欄があり、その番号を入力しないと申し込みができないようになっていますので、申込をされる方は事前に会員登録を済ませておく必要があります。

ヒルトン・オナーズの会員登録

貯まるポイントのメリットは少ない

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードを作って、ショッピングをすれば「1,000円ごとに10ポイント」のヒルトン・オナーズの会員で使えるポイントが貯まるようになっています。

しかし残念ながらショッピングで獲得したポイントでのメリットはあまりないように感じています。ポイントを貯めてホテル無料宿泊というのは、かなり遠い道のりです。

例えば、ある平日で検索したヒルトン東京の最も安い料金プランでの1泊無料宿泊に必要なポイントは60,000ヒルトン・オナーズポイントでした。

ポイントを利用すれば「31,040円」の朝食付きプランがポイントのみで利用できるということです。

ヒルトン東京の宿泊プラン

60,000ポイントをクレジットカードのショッピングだけで貯めるためには、600万円のショッピングが必要ということです。

ですので、ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードでは、ポイント獲得がメインではなく、あくまで保有していることで利用できる特典プランの幅が広がり、ホテルではVIPの待遇が受けられるクレジットカードという位置づけです。

ヒルトンを利用しないなら意味はない

今まで書いてきた記事の内容からお分かりだとは思いますが、このクレジットカードはヒルトンホテルを利用することを前提として、ヒルトンホテルで上質なサービスを受けることに非常にメリットが大きいクレジットカードです。

ゴールドステータスのクレジットカードですので、当然ながら三井住友カードのゴールドとしてのメリット(保険、空港ラウンジサービス、ゴールドデスクなど )はありますが、ヒルトンホテルを利用しないのであれば、他のクレジットカードでも同じようなサービスは受けることが可能です。

ヒルトンホテルをよく利用する。という方にのみ、おススメしたいクレジットカードです。

まとめ

保有しているだけでヒルトン・オナーズのゴールド会員資格が取得できるカードですので、目安としては1年間に2回以上のヒルトンホテル滞在予定がある方には特におすすめのカードです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。